品質や納期を比べる

業者業者に名刺を作ってもらう場合、品質と納期をそれぞれの業者で比べる事も必要です。まず品質については、最低限、依頼者の希望に応えられるような業者である必要があります。通常とは異なりこだわりのある型押しや特殊インクなどを求める場合、用紙の種類が豊富に用意されているか重要です。

名刺は用紙の素材の違いにより、手触りや色の見え方が全く違ってきます。業者によっては、サンプルで用紙のみを取り寄せ、そこから判断する事も可能です。出来る限り満足いくような仕上がりにしたい場合、それほど細かく確認する必要があります。

続いて納期についてです。中には短い納期でお願いしたい人もいるはずです。業者により、当日出荷を可能とする場合もあれば、10日近くかかる場合もあります。基本的には納期が短ければ短いほど、デザインや品質に対する妥協は必要となるため、もしハイクオリティの名刺を作りたいのであれば、納期に余裕を持ってスケジュール管理をすべきです。品質は多少落としても良く、納期を優先したい場合には、手早く対応してくれる業者を選びましょう。急ぎとはいえ短い納期で対応してもらうと、その他の部分を犠牲にしなければなりません。名刺の業者選びは総合的に考え、慎重に選択しましょう。

 

名刺印刷は専門業者で

僕は今自営業をしています。自営業を始めて10年経ちますが、何とかやりくりしています。仕事上色々な人と出会ったり、お付き合いなどがあるので自己紹介を含めて名刺は必ず必要となってきます。今は名刺などは印刷の専門業者さんにしてもらっていますが、以前はお金もなかったので、会社のパソコンとプリンターで作っていました。最初の頃はそれで満足をしていましたが、年々、色々な人と出会い、名刺の差が歴然として来た事を感じました。

名刺はインパクトがあると思いだしたりして、付き合いが増えてきたりすると感じています。ただ平凡な名刺だと余りみる事もなく、もし必要となった時など目立つ名刺などはすぐにわかりますが、平凡な名刺だと探すのに苦労をしていまします。そう言う理由で名刺などはお店の看板としても役に立つと感じ、名刺製作はプロに任せる方が良いと感じ、数件の業者さんを周り、自分が納得のいく業者さんに任せるようにしました。毎年デザインなどを変えて目立つようにしています。

 

名刺作り苦労しました

フリーでする仕事の名刺を自分で作りました。フリーの仕事なのでちょっとかっこいいのが欲しくてデザインを決めるのに大変苦労しました。日本は名刺社会なので、小さなカード一枚で商運が左右されることもあるのです。渡したときに少しインパクトがあって、沢山ある中からすぐに見つけ出せるようなものが作りたかったのです。できるだけ自分に似合うように、そして少し目立つようにフォントや色、小さなイラストなど試行錯誤しました。

しかし目立つのを重視しすぎて、センスの悪さを露呈してしまっては逆効果、なかなか難しいのです。やっと出来上がって、さて印刷!ととりあえず10枚くらい印刷したのですが、色んな手間を考えていたらプロの業者さんにお願いしたほうがいいなと思えてきました。きっとよいデザインを提案してくれるし、アドバイスももらえるでしょう。何より印刷の手間がかかりません。

まとまった数の追加注文も早急に対応してくれるだろうし、そして自分で作った場合、紙質が何だか気に入らないのです。文具店や電気屋さんに行けば、用紙は色々と取り揃えています。厚手のものもちゃんとあるのですが、自作のものはどこか違う、何か落ち着かない感じが紙からするのです。うーん、やはり今のに飽きたら一度業者さんに頼んでみよう。どう違うか比べてみたいです。