価格やクオリティを見る

名刺名刺作りの業者を選ぶには、価格の確認は欠かせず、もしかするとクオリティよりもこちらを重視する人の方が多いかもしれません。ほとんどの希望としては、安く良いものを作ってもらう事でしょう。ただ、名刺作成における金額は、表示されている価格がその金額とは限りませんので、その点は理解しておくべきです。

低価格で名刺を作成してくれる業者の中には、品質を犠牲にして価格を安く出来ている事がありますので、単に料金が安いからといってその業者に依頼するのは、少なからず失敗する可能性があります。まずはサンプルを確認させてもらうなど、その価格だとどれくらいのクオリティで作ってもらえるのか確認しましょう。

また、実は表示されている金額よりも高くなる場合があります。それは、基本料金とは違い、様々なオプションが重なり合う事で、思っていたよりも高額になるケースです。送料や色の塗り方、紙の素材など、様々な部分で料金が変動する可能性があります。パッと見ただけでは料金がわかりづらい場合には、必ず細部まで確認すべきです。もし分からないのであれば、実際に業者に連絡をし、見積もりを出してもらうのが安心でしょう。一部の料金ではなく、合計するとどれだけかかるのか聞いて下さい。

 

差がつくオフセット印刷で驚きのクオリティと激安を実現した名刺

名刺を作成したいと考えていましたが、今度作成する名刺は、両面フルカラー印刷にしたいと考えていました。そこで、インターネットでいろいろ調べてみたところ、ある名刺の印刷会社のサイトで、高級名刺両面フルカラーならという紹介をしていました。その名刺の印刷会社のサイトを見てみると、安いけれど、質は確か、商品に自信があるから、サンプルのご送付も無料ですということでした。

また、そのサイトでは、通常の格安・激安名刺とうたわれるものは、オンデマンド印刷(プリンタ印刷)によるものですということで、そのサイトの印刷会社では、差がつくオフセット印刷で、驚きのクオリティと激安を実現しましたということでした。また、両面フルカラーコーティング名刺を見てみると、台湾の工場と提携することで、オフセット印刷による高級な仕上がりを、驚きの安さでご提供しておりますということで、写真やイラストなども非常に美しく印刷でき、両面フルカラーでも金額は変わりませんということでした。

 

企業の発注担当から見た名刺の作成

名刺の作成は名刺屋さんのみで行っていると考えがちですが実は様々な企業で取り扱いがあります。私は企業で購買業務に携わっていましたが清掃会社のかたわら名刺の作成業務をしている仕入先がありました。また文房具屋さん等でも取り扱っていました。要するに作成している企業が多いので仕入先同士で競争をさせることで価格をかなり安くすることができるのです。手間を考えると自作する場合よりも安く済ませることができます。

また名刺作成専門の会社の方が安く作れそうに感じますが実は全くの逆です。名刺作成会社の販売価格には原価以外に名刺作成会社の利益を多く含みます。しかし名刺の他に清掃等の仕事を依頼している会社は交渉次第でほぼ利益無しで作成を請け負ってくれることが多いです。名刺以外の分野で取引がありそこで企業として利益を獲得しているからです。名刺事業は企業としての顔を売る分野でありそこから本業のビジネスにつなげるのが目的なのです。企業の発注担当経験から記事を書いてみました。

 

明るいイメージが伝わることを考えて名刺を作成したこと

喫茶店を経営しているお母さんから、名刺の作成をお願いされました。最近、少し外に出るようになったお母さんは、友達が増えてきたらしく、今までは疲れると言う理由から、あまり外に出ることはなかったのだが、漢方薬を飲み初めてから、体調がいいのか、自分から外に出たいと思うようになりました。そこで知り合った人たちに、自分の喫茶店を、簡単に紹介できるように、名刺を作りたいと言いました。

大げさなことかもしれないが、日本は広く、色々な素敵な場所がたくさんあり、素敵な人も大勢います。こんな小さな田舎に、ひっそりと暮らしていないで、1度切りの人生を、もっともっと外に出て、自分の目で実際に見て、触れて、感動したり、泣いたり、笑ったり、たくさんのことを経験して欲しいと、まるで私が母親のように思っていたので、お母さんの変わってきた行動が嬉しかったです。私はお母さんの出会いが、素敵なものになるように、名刺の作成を頑張りました。明るいイメージが伝わるような名刺にしました。